ここから本文です

八戸学院光星が延長の末、明石商下す

8/11(土) 15:06配信

スポーツ報知

 ◆第100回全国高校野球選手権記念大会第7日(11日・甲子園)▽1回戦 八戸学院光星9―8明石商(延長10回)

 八戸学院光星(青森)が明石商(西兵庫)を延長10回の激闘の末に下し、2回戦へ駒を進めた。

 明石商の先発左腕・加田悠真(3年)が初回に2点を失うと、2回1死一、二塁で降板。2番手の右腕・福谷航太(3年)も八戸学院光星打線の勢いを止められず、この回4点を失った。

 しかし1―7の4回。2死満塁から田渕翔(3年)の2点打などで、この回4点を返した。4、5回にもそれぞれ1点を失うが、それでも明石商打線は諦めない。

 7回、植本亮太(3年)、植田貴紗羅(3年)の連続適時打、続く山本健太朗(3年)のスクイズでついに同点に追いつき、8―8のまま、延長戦に突入した。

 八戸学院光星は延長10回2死一、二塁から、3番手で登板した中村優惟(3年)が左前打。これを、明石商の来田涼斗左翼手(1年)がファンブルしている間に、二塁走者が生還。これが決勝点となった。

 明石商は3番手で登板した中森俊介(1年)が最速145キロをマークするなど好投したが、実らなかった。

最終更新:8/13(月) 3:04
スポーツ報知