ここから本文です

【阿蘇S】コパノチャーリーが逃げ切って連覇 浜中「しぶとかった」

8/11(土) 16:49配信

スポーツ報知

 11日の小倉11Rの阿蘇S(3歳上オープン、ダート1700メートル、8頭立て)は、浜中俊騎手が騎乗した1番人気のコパノチャーリー(牡6歳、栗東・村山明厩舎、父アグネスデジタル)が逃げ切って、昨年に続く同レースの連覇を決めた。勝ち時計は1分43秒1。

 好スタートから先手を奪って、そのまま直線へ。最後は2番手追走から迫った5番人気のエポックとの激しい競り合いになったが、首差で退けた。「スッと先手を取って、しぶとかったです。2着馬がかなりいい手応えで来て、ヒヤッとしたけど、直線はしぶとかったです」と浜中騎手。前走の名鉄杯(2着)に続く2度目のコンビで勝利に導き、堂々と胸を張った。

 同馬はG1を11勝し、昨年の東京大賞典を最後に引退したコパノリッキー(父ゴールドアリュール)の半弟。今後は放牧に出て秋に備える見込みだ。

最終更新:8/12(日) 18:38
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ