ここから本文です

オカダ・カズチカ、G1敗退から一夜明け宣言「明日、一つ答えを出したいことがあります」

8/12(日) 0:10配信

スポーツ報知

◆新日本プロレス「G1クライマックス28」大会 ▽6人タッグマッチ20分1本勝負 〇真壁刀義、棚橋弘至、本間朋晃(9分00秒 キングコング・ニードロップ→片エビ固め)オカダ・カズチカ、YOSHI―HASHI、外道●(11日、東京・日本武道館=観衆1万2023人札止め)

【写真】こけしが復活

 前夜のブロック最終戦で棚橋弘至(41)と時間切れ引き分けとなり、惜しくもブロック2位で12日の優勝決定戦進出を逃した前IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(30)が6人タッグマッチに登場した。

 Aブロック首位通過の棚橋、真壁刀義(45)、中心性頸髄(けいずい)損傷の重傷から復帰した本間朋晃(41)の3人とのマッチアップ。オカダは本間の急所・首を攻める鬼のようなファイトを見せたが、観客の声援は6月23日の山形大会での復帰戦以来のリング登場となった本間に集中した。

 試合もマネジャー役の外道が真壁のキングコング・ニードロップで葬られたが、試合後のバックステージで衝撃の発言が待っていた。

 「オカダの夏は終わった。笑顔でと言いながら、笑顔で終われない結果で終わってしまいましたが、これからも笑顔でいようと思いました」―。まず、つぶやくように前夜の痛恨の引き分けを振り返った後、「1個だけ考えて、自分の中で答えが出てないことがあるんです。それをしっかり明日のうちに一つ、答えを出したい」と突然、12日の日本武道館大会最終日に自らの口で何らかの発表をすることを明らかにした。

 「それが正しいのか間違っているのか、今日1日考えます。今日1日考えて、これからのプロレス人生に生かしていきたい」と内容を明かさず続け、最後に「俺は取りあえず(12日の優勝決定戦は)Aブロックの棚橋さんを推してます」と笑顔を見せた。(中村 健吾)

最終更新:8/14(火) 23:03
スポーツ報知