ここから本文です

小栗旬、ドラマ版『銀魂2』イベントにサプライズ登場 戸塚純貴の“下剋上”宣言にも淡々

8/11(土) 22:04配信

オリコン

 映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(17日公開)と連動し、18日午前0時から映像配信サービス「dTV」で配信開始となるオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』の先行上映会が11日、都内で行われた。山本美月、立木文彦、戸塚純貴といったドラマキャストがズラリと並ぶ中、福田雄一監督の“フリ”で小栗旬がシークレットゲストとして登壇すると、会場はもちろん、何も知らなされていないキャスト陣もあ然となった。

【動画】イベントにサプライズ登場した小栗旬

 登壇者の中で一番ダメージを受けたのは、福田監督にけしかけられ「次、小栗さんに会った時には『世代交代します』と絶対に言います」と宣言していた戸塚。その様子をすべて別室で眺めていた小栗から「ほら、戸塚。何か言いたいことは?」と笑顔で聞かれると、目に涙を浮かべながらも「世代交代だ!」と有言実行。当の小栗は「はい、頑張ってください、応援しています」と淡々と返答し、笑いを誘った。

 物語は、眠れないループに入った神楽が「眠れないアル」を連呼しながら、銀時を巻き込んでなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、禁煙ブームのあおりを受け全面禁煙となった世界で、真選組・土方十四郎が煙草を吸うために遠い宇宙に冒険の旅に出る「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の3篇で構成。原作の数あるエピソードでも『銀魂』の真骨頂であるギャグが冴えわたる渾身のエピソードを、脚本も手掛けた福田監督が見事に描き切っている。

 小栗は、ドラマの見どころについて「監督も言っていたんですけど、スピンオフって主役そんなに頑張らなくていいと思うんですけど、ほぼほぼ出ているんですよね」とにっこり。「『眠れないアル』は前日に台本を渡されたんです。事前に原作を読んでいて『こういうせりふを言うのかな』というイメージはしていたんですけど、原作とは違うせりふもけっこう出てきて、本当にあの前の晩に僕『眠れないアル』だったという…」とオチをつけてアピールしていた。

最終更新:8/13(月) 9:25
オリコン