ここから本文です

飯伏幸太、オメガ下し奇跡の優勝決定戦進出!棚橋との決戦に「明日こそ神を超える時」

8/12(日) 7:04配信

スポーツ報知

◆新日本プロレス「G1クライマックス28」大会 ▽Bブロック公式戦30分1本勝負 〇飯伏幸太=勝ち点12(23分13秒 カミゴェ→片エビ固め)ケニー・オメガ●=勝ち点12(11日、東京・日本武道館=観衆1万2023人札止め)

 初優勝へ首の皮1枚残していた飯伏幸太(36)がブロック最終戦で「ゴールデン☆ラヴァーズ」の盟友・ケニー・オメガ(34)を下し、奇跡の優勝決定戦進出を果たした。

 身体能力抜群の2人だけに、試合は年間ベストバウト級の激し過ぎる戦いとなった。08年8月のDDT新木場大会、12年8月の同・日本武道館大会と2度、シングル戦でオメガを下している飯伏が、そのポテンシャルを、ついに全開にした。

 序盤こそ、リング・エプロンでの人でなしドライバー、必殺の青い衝動、さらにVトリガーとたたみかけてきたオメガの前に劣勢に立たされる場面もあったが、雪崩式フランケンシュタイナー、コーナーポストに上っての三角飛び式のラ・ケブラータと大技の連発で徐々にペースをつかむ。

 最後は雪崩式タイガードライバーからのカミゴェという“ゴールデン・コース”で新日最強外国人をマットに沈めて見せた。

 試合後、リング上で顔を覆って泣いた飯伏。その肩をオメガに優しく抱かれる場面もあった。

 オメガの右手を勝者のように掲げて見せた後、マイクを持った飯伏は「ケニーたちバレットクラブの人たち、ありがとうございました。いや、全レスラー、ありがとうございます」と、まず頭を下げると、「でも、まだ、僕のG1は終わってないんで、明日勝って、優勝します!」と堂々、優勝を約束した。

 バックステージでもオメガと並んで座り込むと、「本当に何も覚えてないんです。本当に、本当に」と、あまりの激闘に記憶が飛んだことを告白。「あまり記憶がないんで。本当に入場の時に天井を見ていたら、その次は(試合が)終わっていた」と明かした。

 「勝ったのは本当にうれしいんですけど、どうやって、ケニーを倒したかが分からないんで」と繰り返した後、「僕の目標は始めから言っているように勝つことなんで。それに徹することができたG1だった」ときっぱり。

 12日の優勝決定戦の相手は、ずっと憧れてきた「100年に1人の逸材」棚橋弘至(41)。「棚橋さんのことを、ずっと神と呼んできたけど、明日こそ神を超える時なんだなと思います」と、汗まみれの顔で言い切った。(中村 健吾)

最終更新:8/13(月) 12:59
スポーツ報知