ここから本文です

帰省ラッシュで各交通機関混雑 中部国際空港からのお盆期間1日あたりの出国者数は過去最高に

8/11(土) 18:23配信

東海テレビ

 お盆休みをふるさとや行楽地で過ごす人たちの帰省や出国のラッシュがピークを迎え、11日は各交通機関が混雑しました。

 東海道新幹線は、午前6時20分発博多行き「のぞみ95号」の自由席で乗車率が180%となるなど、午前中は下りを中心に混雑しました。

 JR東海によりますと、12日は下りの指定席で午前中はほぼ満席ですが、午後は一部を除き空席があるということです。

 一方、中部国際空港も、お盆休みを海外で過ごす人の出国ラッシュで混雑しました。お盆休み中に中部国際空港から出国する人の数は8万6300人で、1日あたりの出国者数は2005年の開港以来、過去最高だということです。

 また高速道路は11日午後5時半現在、東名阪の下り線・鈴鹿ICを先頭に20キロなどの渋滞が発生しています。高速道路は12日は中央道の上り線・瑞浪ICを先頭に25キロなどの渋滞が予想されています。

東海テレビ

最終更新:8/11(土) 18:23
東海テレビ