ここから本文です

[女優 堀内敬子さん]治療を始めてすぐの妊娠に医師は「奇跡だ」 43歳での出産は怖かったけど…

8/11(土) 7:11配信

読売新聞(ヨミドクター)

 劇団四季に在籍した1990年代、「キャッツ」「美女と野獣」など多くの作品でヒロインを演じた堀内さん。現在は、舞台だけでなく、映画やテレビドラマでも存在感を放っています。40代後半になっても変わらない可憐(かれん)な 佇(たたず)まいには、いったいどんな秘密があるのでしょうか。(聞き手・梅崎正直)

全国大会にも出たバスケをあきらめ、演劇の道へ

――東京生まれの東京育ちなんですね。

 府中です。私が子どもの頃は、まだ田んぼがたくさんあって、ザリガニを釣ったり、ナズナをちぎって食べてみたり……。外遊びが多い、活発な子でしたね。

――運動もお得意でしたか。

 得意でしたね。小4からバスケットボールを始めて、中学まで。ポジションはガードでした。高校生や男子のチームとも練習試合をする強いチームで、中3のときには全国大会にも出ました。その頃はバスケ一色でした。

――それが、演劇の道へ。どんなきっかけがあったのですか。

 全国大会に行くと、もっと強いチームの存在を、身をもって知りました。あるチームは全員が身長170センチ以上で、本来はバレーボールの選手だったんです。でも、バレーだけだと偏るので、バスケもやっている。「そんな人が将来、スポーツ選手になっていくんだ。自分は身長も低いし、無理だな」と思ったんです。高校はスポーツ推薦も可能だったんですけど、バスケは中学までと決めました。

 そんなとき、母から演劇科のある高校と、ミュージカル劇団の養成所を勧められました。二択です。私は小1からピアノを習ったんですけど、あまりにもじっとしてないので、ピアノの先生にバレエの先生を紹介されてしまいました(笑)。それでバスケと並行して、バレエも続けていたんです。踊ることには慣れていたので、そんな学校も楽しくていいかな、と。

 ただ、養成所は、みな髪は真ん中分けの三つ編み。高校の方は、数学の授業が1年までしかないというのを聞いて、そちらに決めました(笑)。そうして進んだ高校に、劇団四季の人が教えに来ていたんです。

1/4ページ