ここから本文です

乾とカルバーリョが希望通りの背番号を手に入れる可能性

8/11(土) 14:18配信

ムンドデポルティーボ日本語公式

 ビクトル・カマラサがカーディフにローン移籍することで、乾貴士とウィリアム・カルバーリョがそれぞれ希望する背番号を手に入れることができるかもしれない。

 乾貴士はこれまでエイバルやフランクフルトで背番号8のユニフォームを着用していた。しかし、レアル・ベティスではその8番がカマラサの番号だったことから、日本代表の背番号である14番を選んでいる。

 一方のウィリアム・カルヴァーリョは、ヨハン・クライフの14番に特別な愛着を持っており、スポルティングやポルトガル代表でもこの番号を背負っていた。ただ、ベティスには乾より遅れて入団したため、24番を選択している。

 今回のカマラサの移籍により、もしかするとカルバーリョが乾に8番への変更をお願いするかもしれない。

執筆者:Jordi Santamaria

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ