ここから本文です

栃木など記録的短時間大雨 1時間に約120mm

8/11(土) 13:49配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

10日は、関東甲信地方で、大気の状態が非常に不安定となり、局地的に記録的な大雨となった。

暖かく湿った空気の影響などで、関東甲信地方は、大気の状態が非常に不安定となった。

栃木県では、午後6時台をピークに、宇都宮市、那須烏山市、高根沢町付近に、1時間におよそ120mmの記録的短時間大雨情報が出され、宇都宮市と高根沢町などでは、10日夜現在も、避難準備情報が出されている。

また、日光市の足尾では、観測史上1位となる1時間に71.5mmの雨を記録した。

大雨の影響で、宇都宮市の鞍掛(くらかけ)トンネル付近では、道路に土砂が数十メートルにわたって流れ込み、一時、通行止めとなった。

11日もところによって、激しい雷雨のおそれがある。

引き続き、天候の変化に注意が必要となる。

FNN

最終更新:8/11(土) 13:49
ホウドウキョク