ここから本文です

街の“大食いさん”に聞きました!「今日、何をどのくらい食べた?」

8/11(土) 17:50配信

TOKYO FM+

集まれ! 大食い部

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーとともに考えるのはパーソナリティの堀内貴之。7月30日(月)放送のテーマは「集まれ! 大食い部」でした。うだるような暑さで、どうしても食欲が落ちてしまう夏。今回はそんな胃腸の弱りを吹き飛ばすような、大食いの人々の声をお届けします。

◆「いきなり!ステーキ」前でキャッチ!
「赤身肉、リブロースを500gいきました! がっつりいきましたよ!! 白米は普通に大盛り(笑)。プラス、ビール! 週1ペースで来るんだけど、実は昨日も来てて2連チャンです(笑)。昨日はちょっと少なめで300gですね。このあとラーメンも全然余裕! 毎日牛肉でも飽きない。たぶん、明日も家で肉を焼いてると思いますよ(笑)。
仕事が忙しいので、それが一段落すると、『肉食べよう!』って思いますね。食欲が落ちると、体系も細くなるので。肉で癒されます! 食べることは仕事の次に大事なもの! 元気になれますね! 体力を補うためにも食べないと、仕事とかやっていけないかなって思います。食べてないと、元気がないのかなって自分で思っちゃいますね。一番幸せになれる時間です。僕にとっては(笑)」
(44歳/男性/会社員)

◆「スパゲッティーのパンチョ」前でキャッチ!
「チキン南蛮のタルタルチキンナポリタンを400g食べてきました! ナポリタンの横にチキン南蛮が盛られていて、味噌汁もセットになっています。久々にガッツリ食べたくなったので食べてしましました! 意外とペロッといっちゃいました。僕は、最初に麺を3分の1ぐらい食べて、途中でチーズやタバスコをかけたりして飽きないようにしてます(笑)。山盛りの麺が平らになると、食べてやった!って感じ。量が多いものを食べたときって、ほかには味わえない達成感がありますね。『パンチョ』は、大盛りがコンセプトのナポリタンのお店です。麺の量は3種類あって、300g、400g、600gから選べます。ガッツリ食べたい人にはオススメです!」
(24歳/男性/会社員)


◆品川駅、フードテーマパーク「品達」でキャッチ!
「『すた丼』で、すたみな唐揚げ丼の13個乗りを食べました! 『すた丼』のメニューは焼肉丼みたいな感じのものが多いんですけど、自分は唐揚げが大好きなので。今日はご飯は1杯ぶんで控えめですけど、あと1、2杯は食べられますね。高校と中学のときにハンドボールをやってて、現役時代は唐揚げを30個くらい食べました。そのときはかなり食べていたので。餃子も家族で200個焼いて食べる、みたいな(笑)。
ストレスが溜まったときとか部活とかで失敗したときとかも、一番の解決方法は食べることなので。食べると気持ちも良くなるしモチベーションも上がるし、美味しいと気分も良くなります。ラーメンとかも大好きで、高校時代は友達とかに美味しいお店があるぞ!って聞いたら、6kmくらい先まで自転車で行って制覇してました! お店を探すのは自分にとって、宝探し。冒険みたいな感じで(笑)。まずは『品達』内の10店ちょっとのお店を全店制覇したいなって思ってます!」
(19歳/男性/大学生)

◆「ラーメン二郎」の前でキャッチ!
「1回食べてみたくて、池袋にあるとのことなので来てみました! 今日は普通のブタ入りを。チャーシューをブタって表現するらしいんですけど、5~6枚厚いのが入っててボリューミーでビックリしました! 普通盛りでも多いかなって思いましたけど、私はちょうど良かった(笑)。これだと腹8分目くらいです。もうちょっとイケたかなって思いました! 初めてだったので残したら失礼になると思って、普通盛りにしましたけど。

次は野菜増しでもイケそうです。この後、デザート食べたいくらい(笑)。以前は、つけ麺600g食べたこともあります(笑)。ちなみに、昨日はピザ1ホールとパスタとサラダを、夜ひとりで食べました! 食べると幸せになるし、やっぱり元気の源。夏だけど、どんどん大盛り食べよう~!って感じです(笑)」
(30代/女性/営業)

◆「肉汁麺ススム」前でキャッチ!
「今日は『肉汁麺ススム』で、肉汁つけ麺のレベル2を食べました! レベルに応じて肉の量が決まるんですけど、だいたい標準がレベル2。MAXまでいくと、肉のタワーですね(笑)。今日はこの後予定があるのでレベル2で抑えました! 別の店の普通のチャーシュー麺とかがここではレベル1くらいなので、レベル2でもチャーシューダブルな印象です(笑)。つけ麺なので、まずは麺を食べて、肉が別盛りなので肉を単体で食べて、そのあと、肉をつけ汁につけて麺と合わせて食べる。食い終わった後の、やってやったぞ感があります!

途中で負けそうになっても味変でブローを入れて、こういう手もあるぞ!って(笑)。自分の体調とかもあるので、せめぎ合いですよ。いつもは食べられるのになんで今日はいけないんだっていう、自分との向き合い。そして、勝ったときは冷たいお水が最高に美味しんですよ! ご馳走さまです!って感じで。今日は楽勝ですね、プロ対アマでした。赤子の手をひねる感じですね。大食いで残しちゃうと失礼になっちゃうので、全部いただきます!」
(33歳/男性/会社員)

【聴くだけで元気になる大食いさんたちの声】
話を聞くだけで、お腹いっぱいになるような街の声。どの方も、気持ち良く明るく話してくれました。堀内貴之は「意外でした! みんな、出てくるゴハンと戦っているとは(笑)。アスリートのような爽やかさがありました!」とコメント。たくさん食べる人たちはエネルギーが溢れていて、とにかく元気でした!

(TOKYO FM「シンクロのシティ」より)

最終更新:8/11(土) 17:50
TOKYO FM+

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ