ここから本文です

日本、米国に惜敗…決勝進出懸けカナダと対戦へ

8/11(土) 21:48配信

読売新聞

 ソフトボール女子・世界選手権第10日(11日・千葉ZOZOマリンスタジアムほか=読売新聞社など後援)――決勝トーナメント準決勝が行われ、日本(世界ランキング2位)は米国(同1位)に延長戦で3―4で敗れた。日本は一回、山本(ビックカメラ高崎)の2ランで先制し、三回に内野ゴロの間に1点を加えた。だが先発の藤田(太陽誘電)が米国に2本塁打を浴びるなどして追いつかれ、延長八回、無死二塁から行われるタイブレイクでサヨナラ負けを喫した。

 日本は12日にカナダ(同3位)と対戦し、勝者が決勝で米国と戦う。

最終更新:8/16(木) 19:22
読売新聞