ここから本文です

2017年パナソニックが眠気を感知し、眠くならない室内空間にする技術を開発 今日は何の日: #8月11日 を振り返る

8/11(土) 4:00配信

Autoblog 日本版

8月11日、土曜日祝日、山の日です。2014年に改正祝日法によって新設された、祝日としては最も新しいものになります。施行されたのは2016年からで、内閣府によると「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」と定められていますが、特にこの日が山に関する出来事があったかというと、そうではないようです。

ちなみに2020年の東京オリンピック・パラリンピックが開催される年だけ、特例で8月10日が祝日となります。

それでは週末も過去を振り返ってみましょう。

2017年
・運転者の眠気を感知し、眠くならない車内に調整する技術をパナソニックが開発
・日産が新型「リーフ」をベースに電気自動車のクロスオーバーSUVを開発中か
・ジープから、707馬力の「ヘルキャット」エンジンを搭載した「グランドチェロキー トラックホーク」が登場




2016年
・未来的なフォルムと粗悪な品質が話題を呼んだ、1980年型トライアンフ「TR7」を廃車置場で発見
・メルセデス・ベンツ、新ブランドから発売する電気自動車を開発中
・自動運転のシボレー「ボルト」がアリゾナ州でも試験走行を実施中




2015年
・テスラ「モデルS」を自動的に充電する不気味なヘビ型チャージャー
・日産、ル・マンでの惨敗を受けて「GT-R LM NISMO」のWEC参戦延期を表明
・BMW 、次期型「4シリーズ カブリオレ」ではリトラクタブル・ハードトップを廃止か




2014年
・まもなく発売されるボルボ「XC90」に搭載される世界初の安全装備とは?
・ランドローバーが誇る"ニュルブルクリンク最速のSUV"、「レンジローバー スポーツ SVR」発表
・マクラーレンがカスタマイズした「P1」「650Sスパイダー」がペブルビーチで公開





本日気になった見出しは、2017年の「運転者の眠気を感知し、眠くならない車内に調整する技術をパナソニックが開発」です。クルマをよく運転する人なら、1度ならず経験のある運転中の眠気。無理して運転したら居眠り運転になる危険あり、クルマを止めて休憩すべきですが、高速道路を走っているとパーキングエリアやサービスエリアまで走らなければなりません。そんな状況のときこのようなシステムがあれば、ドライバーの手助けになるでしょう。自動運転とどっちが現実的かというと難しいところですが、個人的には早く実現してほしいものです。

ちなみに、眠気をどうやって解消するかというと、車内温度を下げ明るくするとのこと。ただし、眠気レベルが高いとアラートを出して休憩指示をだすそうです。眠気検知は、眼球の動きやまぶたの動き、表面温度などから検知できるとしています。

さて、すでにお盆休みの帰省ラッシュが始まっていますね。クルマで移動される方はくれぐれもご注意ください。特に眠気が襲ってきたら必ず休憩しましょう。

いーじま(Norihisa Iijima)

最終更新:8/11(土) 4:00
Autoblog 日本版

Yahoo!ニュース特設ページ