ここから本文です

真夏の雪遊びに笑顔 高岡・クール!OTAYA

8/11(土) 14:11配信

北日本新聞

 真夏の街中で雪遊びをするイベント「クール!OTAYA」が11日、高岡市御旅屋町の高岡大和横の特設会場で始まった。訪れた家族連れは人工雪でつくられた銀世界で雪玉を投げ合ったり、駆け回ったりして全身で「ひとときの涼」を堪能していた。12日まで。

 暑い夏を少しでも涼しく過ごしてもらおうと、2016年から毎年開催している。会場中央に約100平方メートルの「雪ひろば」を設け、人工雪を敷き詰めた。高さ約2メートルの雪だるま2体も設置した。人工降雪機から雪が降り注ぐと、ひんやりとした空気が会場を包んだ。

 子どもたちは的当てゲームや、滑り台でのそり遊びに夢中。ステージではクイズ大会や音楽ライブなど多彩な催しがあり、冷やしラーメンやフロートなどを販売する「クールカフェ」もにぎわった。

 12日は午前11時から午後5時まで開催。「雪ひろば」は午前10時半から受け付けを始め、同11時に開場する。入場料は1人300円。保護者同伴で3歳以下は無料(保護者は有料)。

 高岡商工会議所、オタヤ開発、高岡大和、御旅屋通商店街振興組合、末広開発、高岡市などでつくる御旅屋賑(にぎ)わい創出実行委員会主催。北日本新聞社共催。問い合わせは実行委事務局、電話0766(22)2224。

北日本新聞社

最終更新:8/12(日) 14:26
北日本新聞