ここから本文です

最強障害馬オジュウチョウサンに仏G1オファー

8/11(土) 8:37配信

日刊スポーツ

 有馬記念出走を目指す「最強障害馬」オジュウチョウサン(牡7、和田正)にフランスの競馬を統括するフランスギャロから出走オファーが届いていることが10日、分かった。長山尚義オーナーが明らかにした。

 凱旋門賞の前日10月6日に同じパリロンシャン競馬場で行われる長距離G1のカドラン賞(芝4000メートル)。レースレーティングが110を超えるG1に平地で500万条件を勝ったばかりの下級条件馬にオファーが届くのは異例。同オーナーへの手紙にはジロワ事務総長の署名で「カドラン賞の出走馬に名を連ねていただければ光栄に存じます」と記されているという。

 同馬は7月7日の開成山特別を制し、現在は放牧中。次走は鞍上は引き続き武豊騎手で、9月22日の九十九里特別(1000万、芝2500メートル、中山)に決まったと発表されたばかりだ。同オーナーは「オファーをいただいたのはうれしいことですね。22日が登録締め切りになっているので、それまで考えたいと思います」と話した。

最終更新:8/15(水) 6:09
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュース特設ページ