ここから本文です

中日京田ら連打で反発力、4失点の小笠原を援護

8/11(土) 16:09配信

日刊スポーツ

<中日7-8ヤクルト>◇11日◇ナゴヤドーム

 中日打線が反発力を見せた。1回に先発小笠原が4点を失ったが、その裏の攻撃で2点を返した。

【写真】1回裏中日2死一、二塁、平田は右前適時打を放つ

 1死二塁から大島洋平外野手が中前適時打で反撃ののろし。大島は「チェンジアップをうまく拾えました」と話した。

 さらに2死一、二塁から平田良介外野手がタイムリー。「1点でも多く返せたのでよかった」と喜んだ。2回には京田陽太内野手が3点目となる適時打で1点差に迫った。京田は「甘く入ってきたのでうまくコンタクトできました」と話した。3回には松井雅人捕手の2点適時打で逆転に成功した。

最終更新:8/12(日) 21:32
日刊スポーツ