ここから本文です

シングルアップが逃げ切り2連勝/フェニックス賞

8/11(土) 17:42配信

日刊スポーツ

<フェニックス賞>◇11日=小倉◇2歳オープン◇芝1200メートル◇出走7頭

 単勝1・5倍の圧倒的1番人気に支持されたキンシャサノキセキ産駒シングルアップ(牡、寺島)が逃げ切った。デビュー2連勝。勝ちタイム1分8秒4は今夏小倉の2歳戦で最速だった。

 6月3日阪神の新馬戦を勝って以来、2カ月ぶりの実戦。

 体重はプラス14キロで、寺島師、松山騎手とも「余裕がある」と感じていた。それでも力が違った。ハイペースで逃げ、2着チュウワフライヤーに1馬身半差をつけて完勝。「スタートをしっかり出てくれたし頭数も少なかったのでハナへ行った。最後は突き放した」とこの日4勝の松山騎手は評価した。9月2日の小倉2歳S(G3、芝1200メートル)へ向かう。

最終更新:8/14(火) 13:47
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ