ここから本文です

広島大瀬良、2回にスクイズ決め菅野から先制点

8/11(土) 19:43配信

日刊スポーツ

<広島2-2巨人>◇11日◇マツダスタジアム

 奇襲で先制。広島大瀬良大地投手(27)が2回にスクイズを決め、先制点を奪った。

 2回1死から連続長短打で一、三塁とし、打席には大瀬良。菅野の投球モーションに入る前からバントの構えをし、1球目、2球目はボールとなり、見逃した。カウント2ボールからもバントの構え。菅野は左足を上げ、送りバントかセーフティースクイズと決めつけたように三塁走者に目を向けることなく投球すると、三塁走者西川はスタートを切った。大瀬良のバントは捕手前に高く弾み、西川が滑り込んで見事にスクイズ成功。2球目まで犠打のように思わせ、3球目にスクイズに切り替えた作戦が見事に決まり、貴重な先制点をもぎ取った。

最終更新:8/12(日) 20:57
日刊スポーツ