ここから本文です

2018-19シーズン開幕! プレミアリーグ全20クラブ戦力分析

8/11(土) 13:11配信

SOCCER KING

 27シーズン目のプレミアリーグがついに幕を開けた。“ビッグ6”体制が確立された近年は欧州トップリーグの中で最もタイトルの行方が読みづらく、群雄割拠と言われてきたが、昨季はペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティが黄金時代の到来を予感させる圧勝でリーグを制した。

 リーグ史上最強チームの呼び声高い現在のシティを止められるチームは出てくるのか。昨季チャンピオンズリーグ準優勝のリヴァプール、打倒シティ&ペップに燃えるジョゼ・モウリーニョのマンチェスター・ユナイテッド、新スタジアムを手に入れて進境著しいトッテナム、そして新監督の下で再スタートを切るチェルシーとアーセナルがシティにどこまで食らいつけるのかが最大の見所となる。

 6強との格差が顕著な中小14クラブにしても見所は多い。岡崎慎司(レスター)、吉田麻也(サウサンプトン)、そしてプレミアリーグ参戦を果たした武藤嘉紀(ニューカッスル)ら日本代表戦士たちの奮闘ぶりにもぜひ期待したい。上位から下位まで注目ポイントが目白押しのプレミアリーグ。その全20クラブの戦力と現状を総ざらいする。

文=大谷 駿 写真=ゲッティ イメージズ

マンチェスター・シティ 戦力評価:S

 勝ち点(100)、勝利数(32)、総得点(106)、得失点差(+79)と昨季あらゆる新記録を打ち立てた王者シティが、今季も間違いなく優勝候補の筆頭だ。大型投資に踏み切った昨夏とは打って変わり、今夏の補強はリヤド・マフレズのみだが、昨季アシスト王のケヴィン・デ・ブライネを筆頭に、セルヒオ・アグエロ、ダビド・シルバ、カイル・ウォーカーらのリーグ年間ベストイレブン組、さらには両翼のラヒーム・スターリングとレロイ・サネと主力はそのまま。継続路線を進むチームに死角はない。今季の最大目標はクラブの悲願であるチャンピオンズリーグ優勝。プレミアと二足のわらじを履きこなすだけの戦力は十分にある。

マンチェスター・ユナイテッド 戦力評価:A

 実質的な即戦力はシャフタールから5200万ポンド(約76億円)で獲得したブラジル代表MFフレッジのみ。同じ街の宿敵シティと同様、今夏の移籍マーケットではおとなしい印象だった。ただし、意図的に継続路線を選んだシティとは違い、モウリーニョ監督は補強に納得がいっていない様子。ギャレス・ベイルやウィリアンといった新アタッカーの獲得失敗により、前線の新陳代謝は叶わなかった。昨季リーグ最多のクリーンシートを誇った守備は折り紙つきとはいえ、シティを上回るには現有戦力の奮起が必要だ。今年1月に加入したアレクシス・サンチェスのさらなるフィット、“ビッグマッチに弱い”というレッテルを貼られるロメル・ルカクや新10番としての期待を背負うマーカス・ラッシュフォードの本領発揮、そしてワールドカップで存在感を示したポール・ポグバのクラブでの覚醒を待ちたい。

1/7ページ

最終更新:8/11(土) 13:30
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1