ここから本文です

助っ人のゴラッソ応酬…札幌vsC大阪は互いに譲らず1-1ドロー

8/11(土) 14:59配信

ゲキサカ

[8.11 J1第21節 札幌 1-1 C大阪 札幌ド]

 J1第21節が11日に開催され、札幌ドームで行われた北海道コンサドーレ札幌とセレッソ大阪の一戦は1-1の引き分けに終わった。前半6分にC大阪のDFマテイ・ヨニッチが先制ゴールを記録したが、同7分に札幌のMFチャナティップが同点弾を奪取。札幌は2試合勝ちなし(1分1敗)、C大阪は7戦未勝利(4分3敗)となった。

 リーグ戦の勝利から遠ざかっているC大阪は前半6分に先制。右CKからキッカーのDF丸橋祐介が左足で高精度のクロスを送ると、ニアに飛び込んだヨニッチが体をひねりながら豪快なヘッドでゴール右に叩き込む。昨季6得点を挙げたヨニッチは、これが今季初ゴールとなった。

 しかし、C大阪の喜びも束の間、札幌が直後に追いつく。前半7分、センターサークル内のDFキム・ミンテからのロングフィードを左サイドのDF石川直樹が頭で折り返すと、PA手前やや左で受けたチャナティップはワントラップからボールが地面につく直前に左足を強振。低い弾道のシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まり、今季5得点目で同点とした。

 その後はC大阪がゴールに迫ったが、札幌GKク・ソンユンの好セーブなどもあり、1-1で前半終了。後半3分には素早いリスタートからMF清武弘嗣が絶妙なスルーパスを通し、FW高木俊幸がPA内に抜け出すも、GKク・ソンユンに当たってゴール方向に転がったボールは、カバーに入ったMF駒井善成に回収された。

 後半の半ばを過ぎ、交代策で均衡状態の打破を試みた両チーム。しかし、互いに最後まで次の1点を奪えず、1-1でタイムアップの笛が鳴った。

最終更新:8/11(土) 14:59
ゲキサカ