ここから本文です

中国証券業界で高まるIT人材需要 月収80万円の求人も

8/11(土) 17:50配信

東方新報

【東方新報】中国証券業界のIT人材需要が急拡大している。取材によると現在16社がIT業人材を募集しており、報酬も手厚い。

 昨年の証券会社のIT人材の平均年収は約37万元(約602万円)、月収にすると約3万元(約49万円)だったが、今年の求人情報を見ると、チーフアーキテクトで月収5万元(約81万円)の求人もあった。

 例えば安信証券(Essence Securities)は8月、IT人材を大量に募集した。10年以上の経験を持つチーフアーキテクトの月収は3~5万元としている。国金証券(Sinolink Securities)もシステムアーキテクトとシステム開発エンジニアに月収3~5万元を提示。首創証券(Capital Securities)はネットワークオペレーションエンジニアを1万~1万5000元(約16万~約24万円)、ソフトウエア開発エンジニアを月収1万5000~2万5000元(約24万~約41万円)で募集している。

 ただし、IT人材のすべてがこのような高額報酬というわけではなく、6000~8000元(約10万~約13万円)の条件でソフトウエア開発エンジニアを募集している企業もあった。

 中国証券業協会が最近公表した「中国証券業発展報告(2018)」によると、証券会社は2017年、ITに前年比11.7%増の115億9000万元(約1890億円)を投入した。IT人材は同9.3%増の約1万3000人だった。

 また、取材によると証券会社96社の2017年のIT人材の報酬額は計48億700万元(約780億円)。これを中国証券業協会が公表したIT人材数の1万3000人で割ると、一人当たりの平均年収は37万元という計算になる。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:8/11(土) 17:50
東方新報