ここから本文です

退職後の生活も楽じゃない? 祖父母が孫を世話、中国家庭独特の事情

8/11(土) 14:50配信

東方新報

【東方新報】「うわーん」。突然の泣き声を耳にした母親の王蕾さんが慌てて駆けつけると、1歳半の子どもが地面に寝そべって泣きじゃくり、その横で5歳の長男がほうけている。よくある兄弟げんかの一幕だ。

 割って入ってきた王さんの母は、「そんなに強い力で弟を殴って!殺す気なの?」と長男を叱ると、今度は長男が泣き出した。

「お母さん!子どもに何て言い方するの?」と、今度は王さんと母の間でけんかが始まり、最後はその争いを見て子どもたちが驚いて泣き出した。

 それから数日、王さんと母の間に会話はない。誰もしゃべろうとせず、家の雰囲気は最悪だそうだ。

 こうした光景は、中国の高齢者にとってすでに日常になっているようだ。孫の世話をするために、引退後の生活でも落ち着くことができない。老人が小さな子どもと一緒にいる光景は、中国家庭独特の現象になっている。

 ■「流動人口」の7%が「孫の世話をするため」

 国家衛生健康委員会の統計によると、本籍地からそれ以外への地域へと動く流動人口は現在、中国全土で約2億4000万人いるとされ、うち全体の7.2%に当たる約1800万人の高齢者が子どもたちと共に別都市に移り住んでおり、その理由の約43%が「孫の世話をするため」だとしている。

「二人っ子政策」時代が到来し、こうした高齢者が増え、責任やリスクなどのストレスを抱え、高齢者はさらに大変になっていくだろう。

 李璐瑶さんは第一子を出産した後、父親が予定より早く定年退職し、夫とフルタイムで働く李さんのために、李さんの義母ともども孫のすべての面倒をみることになった。

 そんなある日、今までずっと良き相談相手でもあった義母が口を開いた。

「私もあなたのお父さんも、もういい歳なの。次に子どもが生まれたら、自分たちで何とかしてちょうだい」

 これを聞いた李さんは、驚きを隠せなかった。「日中は二人とも仕事をしているのに、どうやって子どもの面倒をみればいいの?」

 祖父母らが家族以外の第三者に子どもの世話をしてもらうことに反対なのを知っている李さんは、「もし世話をしてもらえないのなら、私たちは家政婦にお願いするしかないわね」と、李さんは義母にそう伝えた。

 ■さまざまなストレスから、「心の病」引き起こす高齢者も

 子どもへの負担を少しでも軽減するため、孫の成長のため、多くの高齢者は通常の生活をあきらめ、持てる力のすべてを出して、来る日も来る日も孫の世話をする。これが今や、当然のようになっている。高齢者の生活は、負担が重くなっているようにも見える。

 陳さんは、子ども夫婦の自宅近くに200平方メートルの大きな家を借りて6年になる。

「定年退職をしてから、一気に十数年も歳を取ったような感じがする。ここは自分の家ではないし、自由もない」と、終始寂しそうだった。

 陳さんは定年前まではバリバリの会社員で、きれいな服を好み、身なりも常に整えている人だった。

 孫二人の世話をするため、今まで持っていた服を処分し、故郷を離れて北京に移り住んだ。陳さんは、北京で最も印象深い場所はと聞かれ、「近所の公園と野菜売り場」と答える。

「夫は半年ほど前に、ここでの生活になじめず、持病の高血圧が悪化して故郷に戻ってしまった。夫婦でずっと一緒にいると思ってたけど、こんなに歳を取ってからまさか別居するなんてね」。陳さんは独り言のようにつぶやく。

 天津師範大学(Tianjin Normal University)心理・行為研究院の呉捷(Wu Jie)副院長は、「子どもの面倒をみる責任の重さやストレス、リスクなどの要因で、高齢者の健康状態は悪化の一途をたどっている。心理的な負担が蓄積していけば、体だけでなく心の健康を損なう可能性もある」と説明する。

 現在、一部の高齢者たちが抱える心の問題については、「原因の多くは子どもの世話に関するものだ。『二人っ子政策』が本格的に実施され、心の病を抱える高齢者は確かに増えている」と話す。

 高齢者の心の病は、容易に家族や子どもにも伝わり、家庭内の人間関係にも影響を及ぼす。嫁姑間の問題も、激しくなる。

 呉副院長は、「若い人とは異なり、高齢者の場合は往々にして、体にも問題を起こす。動悸(どうき)や息切れ、胃痛、胃もたれなどの症状を頻繁に訴える人や、気分が悪くなって病院へ行ったが、検査結果には問題が見られないという人がいる。心理上の問題に起因している」と指摘している。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:8/11(土) 14:50
東方新報