ここから本文です

『スマブラSP』は初代からどのくらい進歩した!? ファイターは60体以上増加、楽曲は30倍以上に!

8/12(日) 17:00配信

インサイド

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』はまさしくこれまでの集大成といえる内容になっており、全ファイター参戦、過去ステージもたくさん復活、楽曲数もかなりのものと驚くべき内容になっています。

【関連画像】

そう考えてみると、ニンテンドウ64で発売された初代となる『ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ』からとんでもなく進歩していますよね。今回の特集記事では、本作が初代からどれくらい進歩したのか具体的にチェックしていきましょう。

なお、本記事で公開している数字はあくまで記事執筆時に発表されているものであり、ゲーム発売前ということもあり筆者の推測も含まれる内容になっております。その点、注意してご覧ください。

■関連記事
任天堂のかわいいゲームキャラ10選!
https://www.inside-games.jp/article/2018/01/09/112047.html
任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/01/11/112093.html
任天堂の不思議なキャラ10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/01/26/112389.html
任天堂のゲームのトラウマ10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/02/02/112527.html
スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/03/14/113376.html
任天堂のプリンセス10選
https://www.inside-games.jp/article/2018/05/08/114522.html

◆参戦ファイター数は6倍以上に!
初代『スマブラ』における参戦ファイターは、隠しキャラを含めても12体のみでした。マリオにリンクにカービィにとメジャーどころが揃っており、これで当時は十二分にすごかったわけです。

しかし、最新作『スマブラSP』は歴代シリーズの全員参戦というとんでもないことになっており、さらに新キャラも続々発表されています。新キャラの数自体は少ないそうですが、ダッシュファイターを含めれば記事執筆時に発表されているのは73体! 単純に考えて6倍以上に膨れ上がっており、その偉大さを改めて感じさせられます。

◆他5社のファイターも参戦!
初期の『スマブラ』はすべて任天堂関係でファイターが集められていましたが、『大乱闘スマッシュブラザーズX』より他社のファイターも参戦しています。最初に登場したのはコナミのスネーク、そしてセガのソニックです。

続いての作品ではカプコンのロックマンとリュウ、バンダイナムコゲームスのパックマン、スクウェア・エニックスのクラウドも参戦。ベヨネッタはセガ枠に入るのか微妙なところですが、いずれにせよ驚くべきゲストでした。

そして『スマブラSP』ではコナミからシモンとリヒターが参戦! 全体を見ると、ファイター枠には他5社のキャラクターが登場しています。これはあくまでファイターとしてのカウントであり、アシストフィギュアを含めればショベルナイトなどもっとたくさんの他社キャラが登場しています。これ、とんでもないことですよね。

◆ステージ数はなんと94も増えた!
2018年8月8日に実施されたNintendo Directで発表されて驚いた方も多いと思われますが、『スマブラSP』のステージ数はなんと103もあるというのです。これだと一通り遊ぶだけでも大変ですし、すべて戦場・終点化できるとなると3倍近くともカウントできるわけで……。愕然とする数字です。

もともと最初の『スマブラ』では9ステージしかなかったわけで、それを考えると驚くべき広がり具合です。ここまでステージが豊富なゲーム、他に類を見ないのではないでしょうか。

◆楽曲数は30倍近くに!?
こちらもNintendo Directで発表されていましたが、『スマブラSP』には900曲以上のサウンドが収録されています。もはやサウンドトラックを何十本もまとめたかのような内容になっていますし、ゲームの容量もどうなっているのだろうと不安になるくらいです。

初代『スマブラ』の楽曲数は細かいものを含めるかどうかでカウントが変化するのですが、ひとまずサウンドトラックに入っているものは32曲です。もし『スマブラSP』のサウンドトラックが出るとしたら、CDが何十枚もセットになった恐ろしいものになりますね。

◆モンスターボールの中身も数倍に?
それこそニンテンドウ64のころからモンスターボールというアイテムが登場していましたが、そこから出てくるポケモンの数もグッと増えました。初代は全13種類で、このころはリザードンも出てきていたのです。あとはニャースが小判を撒き散らすのも印象的でした。

『スマブラSP』でどのくらいポケモンが出るのか正確には発表されていないのですが、前作にいたものプラス新登場が予告されているものを合わせると50種類以上は出てくると推測されます(あくまでこれは推測にすぎず、前作に登場したものの『スマブラSP』で登場しないポケモンも存在する可能性はあります)。

◆ファイターたちが扱うアイテム数も増大!
同じく『スマブラSP』に登場するアイテムの数も正確には発表されていないのですが、こちらも前作にあるものプラス追加要素と考えると90種類以上は登場するものと推測できます(念のため書きますが、あくまで推測です)。

一方、初代『スマブラ』で登場したアイテムは20種類。ホームランバットやアカのこうらといったベーシックなものしかなかったとも言えるわけですが、これでも十分に楽しかったのです。そう考えると『スマブラSP』のスペシャルぶりが実感できますよね。

◆最初はなかったアシストフィギュア
もともとアシストフィギュアという要素は『大乱闘スマッシュブラザーズX』から登場したものです。というわけで、初代『スマブラ』ではまったく存在しなかった割と若いアイテムなんですね。

こちらも前作に登場したものに新要素が追加されるとしたら、55種類以上は登場すると推測されます(あくまで推測です)。『スプラトゥーン』からシオカラーズが出たり、『ジョイメカファイト』からスカポンが出たり、ボンバーマンが出たり、リオレウスが出たり、ショベルナイトが出たり……。間違いなくアシストフィギュアも『スマブラ』を大きく盛り上げるアイテムですよね。

(C) 2018 Nintendo
Original Game: (C) Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokemon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / MONOLITHSOFT / CAPCOM U.S.A., INC. / SQUARE ENIX CO., LTD.

最終更新:8/12(日) 17:00
インサイド