ここから本文です

小島よしお 最高月収1200万円!安倍首相の“近所”に引っ越し

8/12(日) 12:06配信

東スポWeb

【小島よしおの履歴書(連載12)】人生は激変する。お笑い芸人・小島よしお(37)は2007年、「そんなの関係ねぇ!」でブレークを果たした。当時の最高月収は1200万円! 家賃6万円の家から安倍晋三首相私邸の近所にある23万円高級マンションに引っ越したという。

 当時は基本、毎日出ずっぱりで、休みは正月くらいでした。それでも気を張っていたせいか、もしくは20代後半で体力があったからか体調は大丈夫。飲みは37歳の今より行っていたんじゃないかな。

 睡眠時間も4、5時間は取れていました。連載第9回で話したように「東京ダイナマイト」松田大輔さんらが東京・笹塚の僕のウチに合鍵を作って入り浸っていた時(06年)のほうが睡眠時間は短かったですね。まあ、あれで鍛えられたのかな。

 最高月収ですか? 1200万円です。入ったのは08年。明細を見て「120? …ん、えっ!?」と目を丸くしてしまいました。

 お金の使い道は、09年の正月だったと思いますが、家族を連れてオーストラリアに行きました。

 あとは引っ越しで家賃を一気にアップ。笹塚時代は1Kの6万円で、そこから安倍首相の私邸がある富ヶ谷に移りました。2LDKの23万円。高校の時から筋トレにハマっていて、自宅にベンチプレスを置くのが夢だったので50万円以上する20キロのベンチプレスを買いました。

 トレードマークの海パンは08年くらいだったかな、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)のドッキリ企画で大量にもらえました。海パンをはいた100人のオジサンに「そんなの関係ねぇ!」とマネされたんですが、スタッフさんから「オジサンがはいたので良ければ」と100枚いただきました。

 いや、気にしなかったですよ(苦笑)。洗えば良かったし。ありがたかったですね。洗濯機で洗い、乾燥機で乾かしました。

 でも、100枚全部使ったわけではありません。年に1枚のペースで換えていき、はき潰したのは5、6枚くらいかな。

 サイズ的に合うのはLで、Mはがんばればはけるといった感じ。Sは小さすぎて使えませんでした。

 余ったのは「ファン向けのプレゼントで提供してください」と依頼されたり、お世話になった方から「ゴルフコンペの景品で出したいからもらえない?」と要請されたりして、渡していました。まあオジサンのお古ですが(苦笑)。

 当時は自分のキャパ以上の仕事が毎日のように降りかかってきました。でも、「そんなの関係ねぇ!」を披露する仕事ばかりで、トークはそこまで必要とされませんでした。

 08年くらいからしゃべりを求められるようになります。でも、うまく返せなくて。ヘタでした。トークの輪に入った時点でスベる空気になっていました。そのうちに話を振られなくなりました。

「ヤバい…。どうしよう…」

 ヘコみました。悩みました。

 世に出たのが07年。スベったのが08年。早いですね(苦笑)。

 次回は、路線をマイナーチェンジする話です。

☆こじま・よしお(本名小島義雄)。1980年11月16日、沖縄生まれ、千葉育ち。2006年、早稲田大卒業。翌07年にギャグ「そんなの関係ねぇ!」でブレークし、同年の新語・流行語大賞でトップテン入りを果たす。16年7月に一般女性と結婚。今年8月25日、単独ライブ「小島よしお的おゆうぎ会 メリーゴーランド」(東京・CBGKシブゲキ!!)を開催する。血液型=O。178センチ、70キロ。家族は両親と兄。

最終更新:8/12(日) 12:08
東スポWeb