ここから本文です

日本、延長サヨナラ負け 藤田「粘れなかったのは悔しい」

8/12(日) 6:04配信

スポーツ報知

◆ソフトボール女子 世界選手権第10日 日本延長サヨナラ負け(11日、千葉・ZOZOマリンスタジアム)

 準決勝が行われ、2大会ぶり4度目の優勝を目指す世界ランク2位の日本は、前回大会決勝で敗れた同1位の米国と対戦。4番・山本優三塁手(29)=ビックカメラ高崎=が初回に先制2ランを放つなど3点を先行したが、先発の藤田倭(やまと、27)投手=太陽誘電=が2本塁打を浴び同点に。タイブレークの延長8回、3―4でサヨナラ負けを喫した。12日は敗者復活を兼ねた3位決定戦でカナダと対戦し、米国との再戦となる決勝進出を目指す。

 7回1死満塁の大ピンチをしのぎ延長に持ち込んだ日本だったが、無念のサヨナラ負け。延長8回2死三塁。藤田が米国のガルシアに左中間に運ばれ、力尽きた。「粘れなかったのは悔しい」と、唇をかんだ。

 2020年東京五輪での米国との金メダル争いを見据え、あえて若手育成オーダーで臨んだ。エースの上野を温存した宇津木麗華監督は、「藤田の成長なくして20年東京の金はない。最後まで藤田に託した」と我慢強く見守った。山本の先制弾などで先発した米国のエース左腕・アボットを2回0/3で引きずり下ろし、主将の山田も「若い選手の自信になった」と、うなずいた。

 最終日の12日は3位決定戦でカナダに勝てば決勝に進出。状況は米国に準決勝で敗れながら決勝で雪辱し、金メダルを獲得した08年北京五輪と同じだ。ベンチで見守った上野は「自分は勝たせるピッチングをするしかない」と、雪辱に燃えていた。(小河原 俊哉)

 ◆タイブレーク 勝敗を早く決めるためのソフトボール特有のルール。7回を終え同点の場合、8回からは前の回の最後に打撃を完了した選手を二塁走者に置き、無死二塁から始める。

最終更新:8/14(火) 9:51
スポーツ報知