ここから本文です

韓国ハンファグループ、今後5年間で過去最大22兆ウォンの投資

8/12(日) 12:03配信

中央日報日本語版

ハンファグループが向こう5年間に総額22兆ウォン(約2兆1570億円)を新規投資し、3万5000件の新規雇用を創出すると明らかにした。これはグループ創立以降で最大規模の投資計画だ。

ハンファグループは12日、未来成長基盤構築と核心事業競争力強化に向けこうした投資内容を盛り込んだ「中長期投資および雇用計画」を発表した。

今回の投資計画は年平均4兆4000億ウォンに達するもので、過去3年間の平均投資額である年3兆2000億ウォンより37%増えた。

部門別では航空機部品と防衛産業分野の海外進出とグローバル競争力強化に総額4兆ウォンを投じる。石油化学部門では原価競争力確保とグローバル市場拡大に向け5兆ウォン、雇用創出効果が大きい新規リゾートと複合ショッピングモール開発などサービス産業に4兆ウォンをそれぞれ投資する。

太陽光事業でも大規模投資に出る一方、グループのもうひとつの軸である金融部門では市場環境を考慮して別途に投資計画を追加で確定する予定だ。

これと合わせハンファグループは年間3000~4000人水準だった雇用を2016年から6000人規模に増やしたのに続き、今後5年間に7000人水準に追加拡大する予定だ。

ハンファグループは投資と雇用などを含めた中長期戦略を通じ、2018年現在70兆ウォン水準の売り上げ規模が5年後の2023年には100兆ウォンを達成できると予想している。