ここから本文です

つま先上がりは“半・手打ち”で大丈夫 金澤志奈

8/12(日) 11:01配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

「つま先上がり」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーHさんの悩み】
「つま先上がりが苦手です。コンパクトに振ることを心がけていますが、飛距離が極端に落ちてスコアも崩してしまいます。どうしたら良いですか?」

【動画】志奈ちゃんのつま先上がり攻略術

【金澤志奈のレスキュー回答】
前傾角度を浅くして打つ「つま先上がり」は、コンパクトに振る意識だけでは、上体の回転がストップして手打ちになりやすいです。“手打ち”ではなく、“半・手打ち”のコンパクトスイングで攻略しましょう!

1. 力感は失わない

“半手打ち”というのは、実際には手打ちに感じるくらいコンパクトにスイングするという意味です。“手打ち”と異なる点は、体の力感は失わないこと。それには腕の振り幅や上体の回転量だけでスイングを調整してはいけません。

2. お腹に力を入れる

意識するポイントは、腹部か左ひざのどちらか一箇所に絞ります。腹部の場合、スイング中アドレスと同じ向きを保ったままスイングするように心がけます。向きを変えないというよりは、腹筋に力を入れて踏んばる意識でOKです。

3. 左ひざの高さを変えない

もうひとつは、左ひざの高さをフィニッシュまで変えないことです。スイング中、体の軸をブレさせないように下半身を固定させるのが目的です。左ひざ or お腹、どちらか意識しやすいほうを選んでください。

4. ミート率重視の状況をつくる

スイング以外のポイントとしては、ボールをミートしやすい状況を前もってつくっておくことです。いつもよりクラブを短く持ち、ボール位置はやや右足寄りにセット。ミート率を高めることで、コンパクトに振っても飛距離を落とすことなく、ナイスショットを打つことができますよ♪

【今回のまとめ】手打ちじゃないの、“手打ちっぽい”だけ♪

・腹筋に力を入れたまま打つ。
・左ひざの高さをキープする。
・クラブを短めに持つ。
・通常時より右足寄りにボールを置く。

取材協力/石岡ゴルフ倶楽部

解説/金澤志奈(かなざわ・しな)
1995年生まれ、茨城県出身。2016年に日本女子学生ゴルフ選手権を制し、17年にプロテスト合格。同年9月にはステップアップツアーで初優勝。今季は1stリラキング18位の資格で、後半戦レギュラーツアー初優勝を目指す。

あなたにおすすめの記事