ここから本文です

【サマソニ2018予習】マシュメロ、見るべきポイントはここ!

8/12(日) 14:00配信

rockinon.com

2015年、絶頂期を迎えようとしていたEDMシーンに、ひとりの謎のアーティストが現われた。彼の名前は、マシュメロ。お菓子のマシュマロ( 英語だとMarshmallow)とは間違えないように。こっちはマ・シュ・メ・ロ!である。

当初はSoundCloudで自作曲を発表していたマシュメロ。スクリレクスなどの有名DJたちが彼の曲を次々に取り上げ出したことから注目され、全米各地の音楽フェスでも瞬く間に人気者となっていく。外見的な特徴は、常に被っている謎の仮面。映画『ゴーストバスターズ』のマシュマロマンがスリムな筒状にダイエットして、両目が二重に進化した……とでも言えばいいだろうか。もちろんエレクトロ・ミュージックの世界では、被りモノ自体は珍しいことではない。ダフト・パンク大先輩もいれば、デッドマウス先輩も健在だ。でも、このマシュメロの仮面には、なんとも形容しがたい「ゆるキャラ」的な神々しさがある。一瞬でも目が合うと、「なんだか明日はいいことがありそうだな」と、謎の幸福感をお裾分けしてもらえちゃうのだ。

でも、誤解はしないように。彼が生み出す音楽は、決してパロディでも、ジョークでもない。2016年に早々とアルバム・デビューも果たしたマシュメロだが、その音楽的な伸びしろは、まだまだ無限大である。2017年発表の“サイレンス”(feat.カリード)や“ウルヴス”(feat.セレーナ・ゴメス)といった最新シングルは、どんなジャンルもウェルカムな彼の柔軟性が、DJパーティの場だけでなく、音楽チャートの最前線でも通用することを証明してくれた。ミーゴスとコラボした“デンジャー”ではトラップ・ミュージックの「酩酊感」との相性のよさも発揮し、今後はヒップホップ畑との共演も増えてきそうな気がする。

マシュメロは、これまでにすでに3度の来日公演を実現させている。2016年のULTRA JAPAN、2017年のEDC JAPANでは大箱のフェスも制覇済み。なのでEDMファンの方にとってはもうおなじみの存在だろうけど、今回のサマソニのステージは、これまで彼に触れる機会がなかった、別ジャンルの音楽ファンにとっても絶好の「マシュメロ初体験」日和となるはず。ただし、くれぐれもマシュマロとは間違えないように。マシュメロだからね。マ・シュ・メ・ロ!(内瀬戸久司)

●この3曲が聴きたい!
マシュメロのステージは、基本的にノンストップのDJスタイル。会場の規模や、観客のあったまり具合を察知しながら、その日だけの「一期一会」のセットリストが積み上げられていく。持ち歌の中で注目したいのは、昨年21歳の若さで亡くなったリル・ピープがフィーチャーされ(涙)、今年1月にシングルとしてリリースされた“スポットライト”。自作曲以外では、マシュメロがリミックスを手がけた他アーティストの曲(アデルの“ハロー”とか)もあれこれ披露されるはず。さらに「ここでそう来る! ?」という驚愕度MAXの選曲(たとえばボン・ジョヴィの“リヴィン・オン・ア・プレイヤー”とか!)も得意技だけに、すべては当日のお楽しみ!

「SUMMER SONIC 2018」のタイムテーブルは公式サイトでご確認ください。
「SUMMER SONIC 2018」タイムテーブル

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:8/12(日) 14:00
rockinon.com

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ