ここから本文です

大坂なおみ、ビーナス欠場によりドロー変更。初戦の相手は世界31位サカーリに[ウェスタン&サザン・オープン]

8/12(日) 17:00配信

THE TENNIS DAILY

「ウェスタン&サザン・オープン」(アメリカ・シンシナティ/8月13~19日/ハードコート)の大会公式サイトによると、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が右膝の怪我のため欠場。ドロー表でビーナスがいた位置に大坂なおみ(日本/日清食品)が入ることが発表された。

大坂 観客をひきつけた全開プレー

ビーナスは「シンシナティでのウェスタン&サザン・オープンを欠場しなければならないことを本当に残念に思います」「地元の観客の前でプレーする機会を逃してしまいますが、2019年に戻ってくることを楽しみにしています」と欠場について語った。

変更が発表された世界17位の大坂。ドロー発表時は1回戦で46位のエカテリーナ・マカロワ(ロシア)と対戦予定だったが、31位のマリア・サカーリ(ギリシャ)に変更となった。

大坂は自身初のツアー優勝を果たした3月の「BNPパリバ・オープン」4回戦でサカーリと1度対戦しており、その時はフルセットで大坂が勝利。今大会でも勝利することができるか期待がかかる。

なお、大坂と他のシード選手が順当に勝ち上がった場合、大坂は3回戦で世界2位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と対戦する可能性がある。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「シティ・オープン」の時の大坂なおみ
(Photo by Mitchell Layton/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:8/12(日) 17:37
THE TENNIS DAILY

あなたにおすすめの記事