ここから本文です

バイエルンのコバチ監督が教え子ラキティッチの獲得を熱望…去就のキーマンはチアゴか

8/12(日) 13:10配信

GOAL

バルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチに、ブンデスリーガ復帰の話が浮上している。

スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じたところによると、バルセロナのクロアチア代表MFラキティッチの獲得を、バイエルンのニコ・コバチ監督が熱望しているという。コバチ監督といえば、元クロアチア代表指揮官で、ラキティッチを指導した恩師としても知られる。

コバチは同胞の教え子ラキティッチをバイエルンに迎えたい意向にあるようだが、記事では「ラキティッチにはパリ・サンジェルマン、モナコも関心を示している。しかし2021年まで契約を残している同選手を獲得するためには、契約解除金1億2500万ユーロ(約161億円)を支払う必要がある」と伝えており、そのハードルはかなり高い模様だ。

一方で、アンドレス・イニエスタが退団したバルセロナは、バイエルンのスペイン代表MFチアゴを復帰させるべく動きを見せていた。しかし、チアゴはレアル・マドリー行きの話が浮上しており、スペインのラジオ局『オンダ・セロ』は「チアゴとレアル・マドリーの間で合意に至っている」とも報じられている。

かつて10-11シーズンまでシャルケでプレーし、2011年からリーガ・エスパニョーラに新天地を求めたラキティッチ。果たして同選手のバイエルン行きは果たして実現するのか。 また、去就が不透明となっているバイエルンMFチアゴの動向も、ラキティッチの去就に大きく影響しそうな状況となっている。



 

GOAL

最終更新:8/12(日) 13:11
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合