ここから本文です

【台風15号】小笠原近海を北西へ進行 14日には熱帯低気圧へ 沖縄地方に接近するかは現時点で不明

8/12(日) 9:34配信

琉球新報

 気象庁によると、台風15号は12日午前6時、小笠原近海を1時間におよそ15キロの速さで北西に進んでいる。

 24時間後の13日午前6時には父島の西南西約290キロの地点を1時間におよそ30キロの速さで北北西に進んでいる。14日午前3時には熱帯低気圧に変わる見通し。沖縄地方に接近するかどうか現時点の予報では分からないが、現在の進路をそのまま進めば鹿児島県地方に近づくと見られる。 

 12日午前6時現在の中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで中心の東側220キロ以内と西側110キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8/12(日) 16:48
琉球新報