ここから本文です

リラ急落、トルコ苦境 物価高、生活に打撃 一時2割安

8/12(日) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 トルコと米国との関係悪化をきっかけに、外国為替市場でトルコ通貨のリラが売られている。10日には、前日から一時2割以上も値下がりした。リラ安はトルコ国内の物価高も招き、市民生活に悪影響を及ぼすため、トルコ政府は市場の不安を抑えようと躍起だ。
 「またリラが安くなった」。イスタンブール旧市街の雑貨店で10日、店員のセズキン・デンキリさん(43)は為替モニターを見つめて表情を曇らせた。
 主力商品のカスピ海のキャビアはロシアなどの業者からドルで輸入するため、リラ安で仕入れ値が上がった。1カ月前に比べ、価格は3割増しという。…… 本文:976文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社