ここから本文です

【RIZIN】村田夏南子が元UFCファイターに絞め技で圧勝

8/12(日) 19:25配信

イーファイト

格闘技イベント「RIZIN.12」(2018年8月12日 ドルフィンズアリーナ)

▼第4試合 RIZIN女子 MMAルール 53.0kg契約 5分3R ※ヒジ打ちあり
○村田夏南子(25=フリー)
一本 2R 3分53秒 ※肩固め
●アンジェラ・マガーナ(35=プエルトリコ)

 村田は2012年の女子レスリング全日本選手権で優勝した実績を持つ。レスリングとMMAの二束のわらじを履くことを宣言し、2016年4月のRIZIN名古屋大会でMMAプロデビュー。プロ5戦目で中井りんに一本負けしたが、現在3連勝と再び波に乗っている。

 マガーナはボクシングをバックボーンに持ち、2007年にプロデビュー。UFCファイターの ジェシカ・アギラーとは3度対戦し、2勝1敗と勝ち越している。2014年からはUFCに参戦し、結果は残せなかったものの、積極果敢なファイトを見せた。現在まで6つの一本勝ちのうち、5つの一本勝ちを腕十字で奪っている。

 1R、サウスポーの村田は左ストレート、マガーナは右ストレートを出し合う。組み合うと村田がテイクダウン。パンチを入れていき、立ち上がるマガーナを投げて再びテイクダウンする。マガーナが立ち上がるとヒザ蹴りを入れ、またも寝かせる村田。終盤には絞め技を見せるなど村田が圧倒した。

 2Rは打撃の展開となり、村田がボディへの蹴りを決めていく。そして中盤になるとタックルに行き、見事なテイクダウン。村田が右腕でマガーナの首を抱えて右肩で喉を圧迫する絞め技。マウントを奪い、さらに絞めていくとマガーナは力なくタップ(ギブアップの意思表示)。村田が一本を奪う完勝を収めた。

 村田はマイクを持つと「お母さん、ありがとうございます。私はもっともっと強くなって名古屋まで戻って来たいです」と笑顔で語った。

【フォト】マガーナと打撃戦を繰り広げる村田

最終更新:8/13(月) 16:17
イーファイト