ここから本文です

【阪神】左腕攻略に左打者ずらり 先制打・鳥谷「何とかつなぎたかった」

8/12(日) 6:05配信

スポーツ報知

◆DeNA3―8阪神(11日・横浜)

 阪神の左腕攻略オーダーが的中した。2回無死一、二塁、鳥谷が浜口から先制適時打を右前に運んだ。「真っすぐだけを狙っていた。バントがあるかなと思っていたけど、何とかつなぎたかった」。先発左腕を2回2/3でマウンドから引きずり降ろし、終わってみれば12安打8得点で快勝した。3連勝で今季初の3カード連続勝ち越しを決めた。

 前日(10日)には相手のドラ1左腕・東に7回3失点で黒星をつけていた。実は東、浜口ともに、セオリーである左投手に強い右打者よりも左打者を苦手としている。そのデータ通りに打ち崩したわけだ。浜口を早々にKOすると、5回には二塁打を放った鳥谷のほか、来日初の猛打賞となったナバーロ、糸原、糸井の左打者4人で合計8安打を放った。

 また、5点リードの8回2死満塁のピンチでは、小野に代わって藤川が登場。1球で大和を遊ゴロに打ち取る貫禄の投球をみせた。今季94試合を消化した阪神は、6回終了時でリードしていれば37連勝(1分け含む)と無敗を継続中。金本監督は「勝ちゲームを全部取れているのはリリーフ様々」と絶対的な信頼を置く。

 単独最下位で始まった8月は6勝2敗と好調で、3日連続で首位・広島の優勝マジック点灯を阻止。投打がかみ合い、上昇気流に乗ってきた。(長尾 隆広)

最終更新:8/13(月) 6:58
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/15(水) 12:40