ここから本文です

ソフトバンク柳田、久々の一発=活気づける逆転2ラン-プロ野球

8/12(日) 18:26配信

時事通信

 ソフトバンクの柳田が久々にアーチを架けた。1点先制された直後の一回1死三塁で、高梨の外角直球をフルスイング。逆方向とは思えない大飛球を左翼席へ放り込み、「完璧に捉えて、自分のスイングができた。いい打撃だった」と逆転2ランを自賛した。

 7月24日以来の25号。首に張りがあったため1週間ほど欠場し、復帰後も「自分の打撃ができていなかった」。そこで練習でスタンスの角度を変えるなど構えを微調整し、結果につなげた。藤本打撃コーチは「あいつらしい完璧な本塁打だった」と復調に太鼓判を押した。

 主砲の一発で打線は活気づき、松田宣の2打席連続など計6本塁打で全11得点。適時打はなかったが、先発全員の13安打。前日まで5勝13敗だった日本ハムにこの3連戦で勝ち越し、工藤監督は「これでチームに勢いが付く」と言葉に力を込めた。

最終更新:8/12(日) 18:29
時事通信