ここから本文です

オリ西野 頭蓋骨骨折…練習で打球直撃 全治不明、長期離脱か

8/12(日) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇パ・リーグ オリックス6―3ロッテ(2018年8月11日 京セラD)

 オリックスの西野真弘内野手(28)が頭蓋骨骨折の重傷を負った。11日のロッテ19回戦(京セラドーム)の試合前練習で、守備時に打球が額を直撃。

 大阪市内の病院で検査を受け、「前頭骨骨折および脳振とう」と診断された。全治は不明で長期離脱は避けられそうにない。今季は60試合出場で打率.293。福良監督は「状態が良かっただけにね」と心配していた。