ここから本文です

新人馬場、三回持たず=プロ野球・阪神

8/12(日) 22:47配信

時事通信

 阪神のドラフト1位ルーキー馬場は2度目の登板で打ち込まれた。一回に2点先制してもらいながら、三回持たず4失点で降板。「追い込んだ後の勝負球が高くなった」と肩を落とした。

 二回には投手の今永にストレートの四球を与え、ピンチを広げた。香田投手コーチは「あれではいい流れがこない。大いに反省してもらわないと」と苦言を呈した。

最終更新:8/12(日) 22:51
時事通信