ここから本文です

薬丸裕英、自身の小学6年時「4時半に起きて新聞配達をしていた」

8/12(日) 13:52配信

デイリースポーツ

 タレントの薬丸裕英(52)が12日、都内で行われたアニメ映画「若おかみは小学生!」(9月21日公開)完成記念ファミリー試写会に出席した。

 両親を交通事故で亡くした小学6年生のおっこが若おかみとして成長していく物語。おっこの父親役で18年ぶりの映画声優を務めた薬丸は小学校6年生の頃の思い出を振り返り、「4時半に起きて、新聞配達をしていて、27軒に配っていた。唯一自慢できることですね」と胸を張った。

 おっこの母親役で長編アニメ声優に初挑戦した女優・鈴木杏樹(48)は人生を振り返り、「6年生が一番ヤンチャだった」と打ち明けた。現在はおっとりとした印象が強いものの当時は、男女7人のグループで遊んでいたそうで、「廊下を走り回ったり、アメを持っていって怒られたり、学年で有名なグループだった。登下校も一緒だった。思い出深い6年生でしたね」と懐かしんでいた。

 また、出席を予定していたおっこ役の小林星蘭(13)は体調不良のため欠席した。

あわせて読みたい