ここから本文です

<夏の高校野球>星稜の寺沢「来年必ず、この悔しさ晴らす」

8/12(日) 22:00配信

毎日新聞

 ○済美(愛媛)13-11星稜(石川)●(12日・阪神甲子園球場、2回戦)

 星稜の6番手、2年生左腕・寺沢は、2季連続の甲子園で成長を見せた。延長十二回1死満塁。3ボール、1ストライクと追い込まれた場面で自らの制球力を信じた。最も自信のある直球を続け、見逃し三振。続く打者も見逃し三振に仕留め、拳を握った。今春センバツの準々決勝では勝ち越された直後の九回無死満塁で登板したが、最初の打者に押し出し四球を与え、さらに適時打で点差を広げられた。センバツ後は下半身の使い方を見直し、制球を安定させたが、続く十三回に再び満塁から逆転サヨナラ本塁打を浴びた。寺沢は「来年必ず、この悔しさを晴らす」と涙ながらに誓った。

最終更新:8/12(日) 22:43
毎日新聞