ここから本文です

<ソフト女子>延長十回、日本サヨナラ負け 世界選手権決勝

8/12(日) 22:12配信

毎日新聞

 ソフトボール女子の世界選手権(毎日新聞社など後援)は12日、千葉・ゾゾマリンスタジアムで3位決定戦と決勝を行った。日本は決勝で延長十回の接戦の末、米国に6-7でサヨナラ負けして2014年以来2大会ぶり4度目の優勝を逃し、16年の前回大会に続いて2位となった。2大会連続11回目の優勝を果たした米国は20年東京五輪に開催国枠で出場する日本に続いて、同五輪の出場権を獲得した。

【準決勝の借り返せず】延長十回、勝ち越しに成功したが…熱戦を写真で

 日本は3位決定戦でカナダを3-0で降した。エース・上野(ビックカメラ高崎)が7三振を奪う力投で4安打完封した。11日の準決勝で敗れた米国との再戦となった決勝は、七回を終えて3-3の同点で、延長八回から無死二塁、継続打順によるタイブレークに入った。4-4の同点で迎えた延長十回に藤田(太陽誘電)のこの日2本目の本塁打となる2ランで勝ち越し。しかしその裏、2試合連続で先発した上野が3点を失った。

最終更新:8/13(月) 9:37
毎日新聞