ここから本文です

二松学舎大付、2年連続の初戦突破で16強入り 昨夏準V広陵を下す

8/12(日) 10:19配信

スポニチアネックス

 ◇第100回全国高校野球選手権記念大会第8日2回戦 二松学舎大付5―2広陵(2018年8月12日 甲子園)

 第100回全国高校野球選手権大会第8日は12日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、第1試合は二松学舎大付(東東京)が広陵(広島)を5―2で下し、16強入りした。二松学舎大付は2年連続の初戦突破で、東京の東西代表が初戦突破そろい踏みも2年連続。昨夏準Vの広陵は初戦で姿を消した。

 先手を取ったのは二松学舎大付。初回、先頭・右田が右前打で出塁すると、すかさず犠打で1死二塁。さらに平間が内野安打で1死一二塁となり、4番・保川の適時二塁打で2点を先制した。一方、広陵は4回2死満塁で高田が右前適時打。5回には福光の一発で追いついた。

 二松学舎大付は7回先頭の有馬が右前打を放つと、続く山田はフィルダースチョイスで一、二塁。犠打で1死二、三塁として右田が勝ち越しの2点適時打。平間の死球で再び一、二塁の好機をつくり、保川の左適時打で1点を追加した。

 二松学舎大付・先発の海老原は3回2/3で60球を投げ、7安打1失点の粘りの投球。後を継いだ岸川が5回1/3を3安打1失点4奪三振で最後まで投げ抜いた。

 広陵は先発のエース森が7回115球で7安打8奪三振の力投を見せたが7回に捕まり5失点で無念の降板となった。