ここから本文です

金沢市内の熱中症搬送者 既に去年1年間の2倍で過去最多に 65歳以上の高齢者が過半数

8/12(日) 21:05配信

石川テレビ

石川テレビ

 今年、金沢市内で熱中症が原因で病院に搬送された人は過去最多となっていて、すでに去年1年間の2倍近くに上っています。

 金沢市消防局によりますと今年、金沢市内で熱中症が原因で病院に搬送された人は、今月7日の時点で229人に上っています。

 これは去年1年間の人数をすでに113人も上回っていて過去最多です。

 亡くなった人はいないということですが、けいれんなどを引き起こす重症が1人、頭痛やおう吐などの中等症が52人となっています。

 全体229人のうちの過半数は65歳以上が占めていて、エアコンを使用していない人や暑さで食事を取らない人が多いということです。

 猛暑はこのあとも続くとみられ、消防は炎天下での長時間の活動を出来るだけ避け、こまめに水分補給するよう呼びかけています。

石川テレビ

最終更新:8/12(日) 21:05
石川テレビ