ここから本文です

本田圭佑 カンボジア代表の「実質的な監督」に就任【一問一答】

8/12(日) 17:08配信

デイリースポーツ

 サッカーの本田圭佑が12日、カンボジアの首都プノンペンで会見。同国代表の「実質的な監督」になることを発表した。契約は2年。

【写真】麻也も笑いのネタに!全身白のスーツにサングラス姿の本田

 オーストラリアのメルボルン・ビクトリー入りすることも決まっているため、兼務となるが、「立ち位置は、『実質的な監督』ということになると思います」と語った。

 一問一答は以下の通り。

 -どうやってカンボジア代表を時間的にマネジメントしていく予定ですか。

 「毎週メルボルンでプレーすることになります。ただこのプロジェクトにわくわくしていますし、まわりのスタッフから報告をうける会議を週に1~2回でも(テレビカンファレンスなどで)設けたいと考えています。その中で各チームの選手の状況をすべて確認しながら、だれを選考するのかをしっかり決めていきたい」

 -いかにカンボジアサッカーをよくしていきますか。

 「細かいことはこれから決めていきます。大きなところで言うと、カンボジアサッカー選手の特徴は日本と似ているので、ボールポゼッションとディフェンスのハイプレスは高められると思っています。サッカーなので、相手に応じて変わるが、選手の特徴をいかして、柔軟な戦術をとっていきたい。ここにいるみなさんにカンボジアのサッカーは変わったな、観ていておもしろいなと思ってもらえるようなサッカーを目指していきたい」

 -どのようにコミュニケーションをはかっていく予定か。

 「週に1回や2回の短い時間でのテレビカンファレンスになりますが、大事なことは全員に考えを浸透させることだと思っています。具体的には各クラブの関係者とコミュニケーションをとっていきたいと思っています。各クラブは試合に勝たないといけないので、われわれの希望をすべて受け入れられないと思うが、全員がカンボジアサッカーの目指す方向性を理解することが大事です。目指すべき方向性が決まれば、それを信じて突き進むだけです。この目指すべきものがない国が多いのが現状。スペイン、イタリア、ブラジルのサッカースタイルがなんなのかをイメージできる人は多いと思います。ただ、日本のサッカー、カンボジアのサッカーのスタイルを思い浮かべられる人は少ない。そういう目指すべき方向性を決めて進むことが大事。サッカーは明日、明後日、1年後に劇的に強くなるものではない。我慢強く向かっていくことが大事」

 -どの試合から指揮をとりますか。全試合参加できるのですか。

 「どの試合に来れるか細かいところはこれから詰めていく。メルボルンとの(選手としての)契約があるので、来れない試合があるのは事実。ただ、メルボルンというクラブもこの事実を知っていて、理解を示してくれているので、協力的に動いてくれると思う」

 -正確な立ち位置を教えてほしい。また、契約期間は。

 「立ち位置は、『実質的な監督』ということになると思います。契約期間は2年です。僕としては好きでやっているので、ここに来るための移動費をみていただくだけで、そのほかには受け取らないので、契約期間はあるようでないといっていいかもしれません」

 -カンボジアの選手たちをどうみていますか?

 「私は世界トップクラスの選手をみてきているので、カンボジアの選手はまだまだ成長しないといけないと思っています。ただ、前回、(日本代表の選手として)カンボジア代表と試合をした時に、若くて素晴らしい選手がたくさんいたので、各クラブにはまだまだ素晴らしい選手がたくさんいると思う。(記者からの意見で)結果にしか興味がないということですが、試合をやる以上は負けに行く人はいないと思うので、勝ちに行きます。ただ、目先の結果だけを追い求めては本当にサッカーが強い国にはなれない。サッカーが強くなるには時間が必要です。日本も1998年にはじめてW杯に出て20年ですが、まだ苦しんでいます。そこに追いつけ追い越せで精進していくフェーズにあると思う」

 -最後にひとこと

 「日本人である私がここにきて、カンボジアのサッカースタイルをつくる。カンボジアの魅力を世界に伝える。これは非常に大きな意味があると思っています。サッカーの枠をこえて、国と国がいい関係をつくりあげる。また、第3国にまでいい影響が広がると私は確信しています。素晴らしいプロジェクトにしたいので、みなさんよろしくお願いいたします」