ここから本文です

山根明氏が辞任について「スカッとした!」 関西連盟への“居座り”には「面白半分に聞くな」

8/12(日) 13:38配信

スポーツ報知

 暴力団との交際などの問題で日本ボクシング連盟の会長と理事を辞任した山根明氏(78)が12日、大阪市内の自宅前で報道陣に対し、自身を告発した「日本ボクシングを再興する会」について「弁護士に相談している。相手側がどんな悪い事を言っても、いちいち受け答えしない」と“黙殺”する姿勢を示した。また、辞任については「スカッとした!」と心境を語った。

 この日午前、関係者が、連盟事務所にあったと思われる山根氏の私物を自宅に運びこんだ。山根氏は「ちょこちょこ整理している」と語ったが、関西連盟会長として“居座る”意思については「面白半分に聞くな」と返答せず。

 また、自身が去った後の日本連盟については「連盟のために、相談があった場合は(アドバイスを)してあげる」とした。

最終更新:8/13(月) 14:11
スポーツ報知