ここから本文です

【ロッテ】種市、6回2失点デビューも…援護なく初勝利お預け

8/12(日) 15:07配信

スポーツ報知

 ◆オリックス―ロッテ(12日・京セラドーム大阪)

 ロッテはプロ初登板初先発の種市篤暉投手(19)が6回5安打2失点の好投。2回に白崎に2ランを浴びたが、要所を抑えて先発としての役割は十分果たした。

 最速150キロの直球とフォークを軸にクオリティースタート(6回以上自責3以下)を達成したが、打線の援護がなく08年の唐川以来となる10代勝利はお預けとなった。

 青森・三沢市出身。八戸工大一高から16年ドラフト6位で入団した。この日は地元から両親、兄、姉が応援に駆け付けた。家族の前での快投でローテ定着アピールに成功した。

最終更新:8/13(月) 16:43
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(月) 14:05