ここから本文です

【博多S】人気薄のスズカディープが得意の小倉で勝ってオープン入り

8/12(日) 16:17配信

スポーツ報知

 8月12日の小倉11R・博多ステークス(3歳上1600万、芝2000メートル・ハンデ戦=7頭立て)は、浜中俊騎手が騎乗した6番人気のスズカディープ(セン6歳、栗東・橋田満厩舎)が直線で抜け出し、オープン入りを決めた。勝ち時計は1分58秒1。

 タニノアーバンシーが後続を引き離して逃げ、1000メートルの通過は59秒6。3番手で脚をためたスズカディープは直線で粘り込みを図るケンホファヴァルト(4番人気、2着)を外からかわし、最後は1馬身差をつけてゴールした。「少頭数で外枠でしたからね。もまれ弱いところや難しい面がある馬で、いろいろといい条件が重なりました」と浜中騎手は勝因を分析した。

 同馬は中央では3勝目となったが、これら勝利は全て小倉で挙げたものだ。なお、1番人気に推されたメイズオブオナーは直線で伸びを欠き、5着に終わった。

最終更新:8/12(日) 19:25
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ