ここから本文です

【エルムS】三浦大輔氏所有のリーゼントロックは13着 松岡「良馬場の方がいい馬」

8/12(日) 16:43配信

スポーツ報知

◆第23回エルムS・G3(8月12日・ダート1700メートル、札幌競馬場、重)

 14頭によって争われ、横山和生騎手が騎乗した2番人気のハイランドピーク(牡4歳、美浦・土田稔厩舎、父トーセンブライト)が直線抜け出し、人馬ともに重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分42秒0。

 2着は3番人気のドリームキラリ(藤岡佑介騎手)。3着には1番人気のミツバ(松山弘平騎手)が追い込んだ。

 古川騎手(メイショウスミトモ=11着)「忙しい流れだった。前が速いし、上がりも速すぎた」

 小崎騎手(アルタイル=12着)「1角がすべて。せめてもう少し中団のインで運べていれば。乗り方次第でもっと上位を狙える馬なので、申し訳ない」

 松岡騎手(リーゼントロック=13着)「良馬場の方が合う。パサパサの馬場の方がこの馬の持ち味が生きる」

 柴山騎手(モンドクラッセ=14着)「久々の1700メートルも影響したのか。この馬らしさがなかった」

最終更新:8/13(月) 5:45
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ