ここから本文です

男子メドレーリレーは銀 米国と壮絶デッドヒート0・05秒差

8/12(日) 21:53配信

デイリースポーツ

 「競泳・パンパシフィック選手権」(12日、東京辰巳国際水泳場)

 男子の4×100メートルメドレーリレー決勝が行われ、日本(入江陵介、小関也朱篤、小堀勇気、中村克)は3分30秒25で銀メダルを獲得した。

【写真】競泳の新星は竹内結子似の21歳

 米国との激しいデッドヒートの末、金メダルには届かなかったが、価値ある銀メダルを獲得した。

 アンカーの中村は「最後すいません。あとちょっと粘れれば。悔しいですね」と金メダルを逃した無念さを強調したが、圧倒的な強さを誇っていた米国と0・05秒差の銀に確かな手応えを感じた。

 背泳ぎの入江は「東京五輪へ向けてチーム一丸頑張っていきます」と頂点を目指すことを約束した。