ここから本文です

【ソフトバンク】6発11得点で日本ハムに快勝 勝率5割復帰

8/12(日) 19:00配信

スポーツ報知

◆ソフトバンク11-5日本ハム(12日・福岡ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが柳田悠岐外野手(29)の復帰後、初アーチを含む6本塁打で日本ハムを圧倒。勝率を5割に戻した。

 和製大砲に待望のアーチが飛び出したのは1回裏だ。1死三塁で高梨の直球をフルスイングで捉えた打球は左翼席中段に着弾した。19日ぶりのアーチは逆転25号2ラン。「完璧に捉えられ、自分のスイングができました。ここ何試合か自分のバッティングができていなかったので、自分のいいスイングができてよかった」と笑顔がこぼれた。

 首痛で途中交代した7月24日のロッテ戦(京セラD)で本塁打をマークして以降、7試合スタメン落ち。3日のスタメン復帰後7試合目でのアーチ。デスパイネ、中村晃と今季初のクリーンアップそろい踏みに加え、松田宣も今季初の2打席連続アーチを描くなど6本塁打で11得点。「今日のようなバッティングができれば勢いが付く。また切り替えて(14日からの)楽天戦を戦いたい」と工藤監督も満面の笑みだった。

最終更新:8/13(月) 16:20
スポーツ報知