ここから本文です

済美・池内主将が証言 甲子園史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打は「風で戻ってきた」

8/12(日) 19:07配信

スポーツ報知

◆第100回全国高校野球選手権記念大会 第8日 ▽2回戦 済美13×―11星稜=延長13回タイブレーク=(12日・甲子園)

 甲子園史上初となる逆転サヨナラ満塁本塁打を見届けた済美・池内優一主将(3年)は「打球が風でファウルゾーンから戻ってきた」と証言した。

 延長13回からタイブレーク(無死一、二塁から再開)に突入し、2点を追う1死満塁。矢野功一郎二塁手(3年)が引っ張った打球は高々と舞い上がり、そのまま右翼ポールを直撃した。

 池内は「切れると思って、次(の打席)に向けて(指示の)声がけをしていた。打球が風で戻ってきた。自分たちに運があるなと思った」と興奮した様子で振り返った。

 甲子園でのタイブレークは今春センバツから導入され、今夏1回戦の旭川大高(北北海道)―佐久長聖(長野)以来2度目。この試合は延長13回を両チームが無得点で終え、14回に佐久長聖が1点を勝ち越して決着がついた。

 タイブレークでの本塁打1号が、100回目を迎えた甲子園史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打。歴史に名を刻んだ矢野は、試合後のお立ち台で「入ると思っていなかった。頭が真っ白で何も考えられなかった」と振り返っていた。

最終更新:8/12(日) 19:16
スポーツ報知