ここから本文です

【巨人】5回終え5点リード…陽は2戦連発、重信は猛打賞…適時二塁打の山本「思い切り打ちました」

8/12(日) 20:12配信

スポーツ報知

◆広島―巨人(12日・マツダスタジアム)

 初回にマギーの中犠飛で先制した巨人は、2回、陽の2試合連続となる8号ソロで加点。右翼席に放り込んだ陽は「力まずにスイングしようと思っていました。コースに逆らわずに、しっかりとはじき返すことができました」と笑顔で語った。

 2点リードの5回には先頭の重信が打線に火を付けた。左中間三塁打で出塁。重信は初回、3回に二塁打を放っており3安打猛打賞となった。

 続く山本が左中間へタイムリー二塁打を放ち3点目。マギーが右翼線二塁打し、二、三塁とすると岡本が左前タイムリーで4点目。4連打で広島先発・福井をKOした。

 5番・亀井は広島2番手・飯田の初球を中前にはじき返し、二塁走者・マギーが生還。さらに2死満塁として、今村が押し出し四球を選び、この回、打者一巡10人の攻撃で4点を奪い、リードを6点に広げた。

 タイムリー二塁打を放った山本は「1、2打席と思い通りのバッティングができていなかったので、何とかランナーを還したいと思っていました。バッティングカウント(2ボール)だったので、思い切り打ちにいきました」と答えた。

 4回まで毎回走者を許しながらも無失点に抑えてきた先発・今村は5回、代打・下水流に4号ソロ本塁打を浴びたが、5回まで5安打1失点投球。巨人が6―1とリードしている。

最終更新:8/12(日) 20:30
スポーツ報知